#15 古川耕基
KOKI FURUKAWA
北の家族 平和島店

独立希望者が多く、一人一人意識が高くて意欲的な人が多いです

subLimeに入社を決めたきっかけと、飲食で働こうと思った理由

僕は高校時代に野球部に入っていました。
高校二年の夏が終わったある日、突然右肩を壊してしまいそのまま引退し、完全燃焼できずに終わってしまいました。
その熱量をどこに向けるかを考えた結果、何か事業をしたいと思うようになりました。
高校卒業前に居酒屋でバイトを始め、大学三年の終わり頃に居酒屋さんの店長に誘われ、大学四年の時点で店長をやっていました。
午前に学校、午後に出勤をし固定給をもらいながら4月〜10月、10月からは学校優先し、大学を卒業しました。
大学卒業後は、店長をしていた会社にそのまま入社しました。

subLimeを選んだ理由

当時の上司から、子会社を持ち一緒にやっていこうという提案を頂きましたが、その方が退社されたため同時期に退職しました。

元居た会社も積極的に働ける所だったので、新店舗の店長を任されるなどやりがいはありました。しかし店長を続けていても独立はできないと思い、独立までの期間を短縮できるスピード感のあるsubLimeに入社しました。

subLime入社前、どんなお仕事をされてましたか?

高校の時の野球部が冬休みは丸々練習がなかったので、そこで引越し屋さんのバイトをしたこともありました。
高校卒業前にホール業務を中心に居酒屋さんでバイトをしていました。

入社から現在までの流れ

まず最初に新宿の居酒屋で2週間研修をしてもらいました。
2週間の研修では、座学を受けながら、店舗で接客を学び、様々なアドバイスを頂きました。
研修はいらないと思って入社しましたが、とても勉強になりました。
研修後、平和島北の家族に配属になり店長をしています。
現在はキッチン業務を8割くらい行いながら、店長業務を今の店長に教えてもらっている段階です。
キッチン業務は今までやったことがなかったので、とても苦労しましたが
今では全てのメニューを作ることができるようになり、できなかったことができるようになるのはとても楽しいです。

ホール業務も行いますが、やはりお客さんと関わるのが楽しいと感じます。

今までで1番印象に残っているエピソードはありますか?

subLime本社で理念研修が月に1回あり、社長自身が質問に答えてくれることに驚きました。
社長自身と直接話せる、距離が近いのがとても良いと思います。

subLimeの強みを教えてください

独立希望者が多く、一人一人意識が高くて意欲的な人が多いです。
周りにそういう人がいると自分自身も向上心が湧きやすいので、そこが強みかと思います。

入社して一番の変化はどんなところにありますか?

社長に独立したいと言ったので、有言実行できるように時間のことを考えるようになりました。
無駄な時間を作らないように、独立までの時間を短縮できるよう、管理に気を付けています。

今後の目標はなんですか?

独立後は、自分が社長になり店舗数をどんどん増やしていくか、1店舗をしっかり運営していくかの2パターンがあると思います。
僕の場合は店舗数を増やしていく方向性で進めて行きたいと考えています。
今まで関わってきた人達の輝ける場所を作りたいですし、30歳までには100店舗くらい展開したいです。
また、高校自体に野球を続けられなかったことから、大きな事業にしてゆくゆくはプロ野球チームのスポンサーになれたらとても良いなと思っています。

subLimeで働いていて良かったと思う点は?

自分自身の行動一つで、若くても独立が実現できるところです。
働いている人の意識が高く、アイデアがどんどん出てきますし、求めれば上の人がちゃんと答えてくれるところがとても良いです。